上に戻る

工場案内

株式会社川崎デリカ

衛生管理にこだわった「ワンウェイ(一方通行)方式」の工場
月間最大製造可能重量500トン
手作業と最新機械併用によりお客様のニーズに柔軟に対応
小ロット製造可能
ISO22000導入による徹底した衛生管理

工場案内

【工場見学いつでも承ります。】

(株)川崎デリカでは2009年にISO22000を取得し、全国チェーン展開している大手外食産業・大手中食産業・大手良品店向けに食肉の加熱・非加熱・加工品を製造。原料搬入から商品出荷までをワンウェイ方式にておこない交差汚染のないシステムを導入。品質面ではISO22000による徹底した食品安全管理を実施。ハード、ソフト両面から高い安全性を追求、実現しています。

工場について

入荷口

入荷口

入荷口はトラックと建物の密閉性を高めたドッグシェルターを完備し、外気・昆虫・ホコリ等の侵入を遮断します。 周辺に虫の嫌う植栽も施しています。
また、入荷された原材料が適正であるかどうかの受入検査も入荷時に必ず行います。

原料冷蔵庫・冷凍庫

原材料用保管庫を設備しました。入庫した材料を商品名、賞味期限、原産国、温度帯に適切に分けて保管します。 1℃単位の温度管理が出来る保管庫で、大容量ですから間隔も適切に保つことが出来、温度ムラ等も発生しないよう適性温度で保管します。 在庫管理は、ヒューマンエラーの起こりに くいオフコンによるシステム管理を導入しております。

開梱室

開梱室

加工場に入る原材料は、その適正温度に管理され、ここで全て開梱・開封され加工場に入ります。 同時に原材料の加工前の検品が行われます。

加工場

加工場

「安全・安心」に細部までこだわった空間で、常にお客様にご満足頂ける様に最新機械を使った大量加工や、手作業での加工、加熱加工品の製造を行っています。 「より美味しく健康に」を日々考え製造を行っています。

梱包室

梱包室

最終チェックは人の手により行われます。商品ごとにチェック項目を設け、ミスが起きないよう厳重に梱包しています。 商品別に設定された項目をチェック後、厳正丁寧に梱包を行います。

製品凍結庫・冷凍庫

製品凍結庫・冷凍庫

原材料冷蔵庫とは別に製品用の倉庫を完備。1℃単位での厳重な温度管理を行うとともに、コンピューターで在庫管理をしています。 保管庫で、大容量ですから間隔を適正に保つことが出来、温度ムラ等が発生しないよう適性温度で保管します。

組立室

組立室

お客様の細かい要望に対応するべく、ここで店舗別のピッキング作業や中食・外食向けの調理キットのセットアップを行います。
店舗別ピッキングや、中・外食調理キットの組立を行います。

出荷口

出荷口

入荷口と同様、外からの異物侵入を防ぐドックシェルターを完備。最終検査を経て、ここから各地に商品が出荷されます。 また、出庫する製品が適正であるかどうかの検査もこの出荷時に必ず行います。